コンクリートの豆知識

コンクリートの老朽化

コンクリートの老朽化と日本の技術

日本の住宅事情は他の国と比べるとコンクリートの老朽化が早い点が気になります。
耐久年数が長い国と比較すると日本はその3分の1程度の年数しか長持ちしないという事から、耐久性のための対策は日々考えられています。
昔は建築をするにあたって十分な道具や技術がなかった事から、コンクリートの老朽化についてもあまり考えられていませんでしたが、現在はビルやマンションが増えている事情からコンクリートをどのように使って作業するかは重要な課題になります。
築年数の経過とともに建物の外装なども老朽化していきますが、少しでも長持ちさせるために色々な工夫がされています。
一度建てると取り壊しまではそのままという物件もありますが、大きな地震が来ても倒壊しないように定期的なメンテナンスを重ねていく事で耐久性もアップすると考えられます。
外観の美しさも大切なポイントではありますが、万が一の自然災害に備えた造りになっているとなお安心して住むことが出来ます。

コンクリートが老朽化していないか確認する

コンクリートも長く使っていれば老朽化するものです。
地域の環境によっても異なりますが、定期的に確認することを忘れてはいけません。
コンクリートが老朽化してくると、ひび割れといった目にみえる現象で起きることが増えてきます。
小さなひび割れであったとしても、できるだけ早い段階で修復しておく必要があります。
コンクリートがひび割れていると、そこに雨水が入りひび割れが大きくなり一部が落下するという可能性があります。
古い建物だと、コンクリートの性能が高くない可能性があり老朽化が進みやすくなります。
定期的に確認して、異常がないか見て必要とあれば業者を呼ぶとよいです。
コンクリートとはいえ、何もしていなければどんどん老朽化が進み安全性が損なわれてしまうものです。
安心して生活するためにも、補修や補強をしてくれる業者を早い段階で見つけておくとよいです。
どのような状況になっているか分からない場合などであれば、業者を呼び見てもらうなど対策をきちんと行うとよいです。

pickup

ブルガリの買取

2017/6/8 更新

Copyright (C) コンクリートの豆知識 All Rights Reserved.